エンド歯科マイクロスコープ

マイクロスコープ(顕微鏡)

 

イクロスコープは歯科用顕微鏡のことです。ルーペの数倍の拡大率があり、0.1ミリ単位での作業を行うことが可能になります。
全国的にも、マイクロスコープが導入されている歯科医院は5パーセント未満です。基本的には自費診療に用いますが、保険診療でも最終チェックに用いたりします。

虫歯が進行すると、歯の神経(歯髄)まで達します。
こうなってしまうと虫歯菌が感染した神経を取り除き、根管(神経が入っている管)を綺麗に清掃してからかぶせ物をする治療を行います。

一見簡単な処置のように思えますが、「根管を綺麗に清掃する作業」は困難を極めます。なぜなら、根管は非常に複雑に入り組んでおり、完璧に清掃を行わなければ、「痛み」「腫れ」などの原因となり、「根尖病巣」という病気にもなるためです。
下の黒い部分が神経の入っている管であり、このすべてを綺麗に清掃する必要があります。

今までの治療では、「肉眼」でこの治療を行っていました。
少し考えればわかると思いますが、「肉眼」ではこの細かい部分をすべて確認しながら完璧に作業することは不可能です。つまり、従来法の根管治療とは「勘」や「経験」に頼った治療で、時には「再治療」そして「抜歯」の選択を迫られることも多々ありました。

しかし、歯科顕微鏡(マイクロスコープ)を利用することで、今まで見えなかったものが見えるようになり、しっかり目で確認しながらの治療が可能になります。

マイクロスコープとは、その名の通り、治療部位を拡大する顕微鏡です。
根管治療においては、どれだけしっかりと問題部位を確認できるかが成功の可否を分けますので、成功率を上げるためには絶対に欠かすことができない機材になります。
全国でもこの機材を導入している医院さんはまだまだ少ないのが現状です。とよしま歯科医院は2台のマイクロスコープを設置して常時精密な治療を行っています。

 

より詳しく(クリックして下さい)