差し歯の根の状態が悪い患者さんへ

 

 差し歯の根の状態が悪くて歯肉が腫れたり、おでき状のし

こりができたりするのは、差し歯の根の状態が悪くて根にヒビが入ったり細菌感染している場合が多いです。

 差し歯は自分の歯の根の中に金属のしん棒が入っていて、しん棒と冠の部分が一体となって作られています。そして根の再治療の為にそのしん棒を外す必要があります。

 根とくっついているしん棒を外すには、とても大きな力がかかるので、外している最中に脆くなっている歯の根が割れて抜歯しなければならなくなる場合があります。よって通常差し歯の修理はほとんどの場合、応急処置ができず、十分な検査の後でないと治療に入ることができません。

 CT検査を行う事で歯の中のしん棒の位置、大きさ、根の状態が正確に分かるため、以前に比べて格段に差し歯の根の再治療の成功率が高まっています。

 

qwq

qwr