とよしま歯科医院

 

q

いままでに治療が終わってから、こんな説明を受けたことはないですか?

 「今日で、治療は終りです。治りました。また、痛くなったり、問題があったら来て下さい。」

これって、本当に治っているの?

治療の成功は治療終了後、長期にわたり健康な状態が維持できて、はじめて評価できるものと思います。歯を抜きに歯科医院に行くのか?歯を保存するために行くのか?と言うことです。

ご自身の歯は、自分自身で守ることができるのです。もう、痛みがあってから治療するという従来型の歯科治療から脱却して、いつまでも健康なお口を維持するために歯科医院に行くと言う考えに変えてみてはいかがですか?

メインテナンス(定期検診)は何故必要なのか

qqq 歯周病は、再発が多い病気と言われています。その理由の一つにこのメインテナンスを受ける習慣が日本人には定着していないことがあげられます。歯周治療が終了しても、きちんとした管理ができていなければ再発してしまいます。実際に長期間にわたり歯周治療を行い、いったん健康を取り戻したにもかかわらず、メインテナンスを行わなかったばかりに2~3年後に再発をしてしまい、抜歯しなければならない状態になった患者さんもいます。

歯周病の治療中や治療終了直後は、歯周病菌が非常に少なくなっています。はじめは、ブラッシングも非常に注意をし、一生懸命に行っていますが、時間とともにだんだんおろそかになって行く場合もあり、再び歯周病菌が増殖し再発をおこしてしまうのです。メインテナンスとは、定期的に口腔内を管理することにより歯周組織の健康を維持していくことです。

アメリカ歯周病学会では、歯周病のメインテナンスを「歯周病の治療の延長であり、歯周組織に対する定期的評価と予防処置を続けることである。そしてその結果、新しいあるいは再発する異常や疾患を早期に発見し、治療しようとすることである。」としています。

 

とよしま歯科医院では、治療終了後は通常3ヶ月に一度のメインテナンスをお勧めしています。

メインテナンスの間隔は、患者さんの歯周病のタイプ、進行の程度、口腔衛生管理(ブラッシング等)のレベル、リスク(食生活、ストレス、喫煙等)によって違います。特に、その問題が大きいと考えられる患者さんは、メインテナンスの間隔を短くした方が再発のリスクは少ないと考えられます。

メインテナンスとは?

 

a メインテナンスとは歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は、3~4ヶ月ごとの定期検診の受診をお勧めします。

歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を生涯除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。

細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは除去できません。これらは歯科衛生士による専門的なクリーニングによって除去してもらいましょう。

歯周病は再発の多い病気と言われています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。治ったといっても溶けてしまった骨が元通りに戻っているわけではなく、ほとんどが歯と歯肉が弱い結合で治っているのにすぎないのです。ブラッシングが不充分であったり、メインテナンスを怠ると細菌が活動しはじめ歯周ポケットが深くなり容易に「再発」をおこします。

また、残念ながら治療の限界のため、部分的に治りきらないところが残ってしまうこともあるでしょう。そのような部位でもメインテナンスを継続することにより歯周ポケットがさらに深くならないように、「進行を食い止める」ことができるのです。

では、メインテナンスはどのようなことをするのでしょうか?

  1. 歯周精密検査

       ・X線検査

       ・歯周ポケットの測定

      ・動揺度の検査

  2. ブラッシングの再確認

  3. 咬み合わせのチェック

  4. 生活習慣指導

  5. トゥース・クリーニング

  6. 抗菌剤の塗布、フッ素塗布 など

欧米では歯周病を「静かなる疾患」と呼びます。これは患者さん自身が再発や進行を自覚することは困難であるということです。したがって歯を失わないためにもトラブルを感じなくとも定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることが必要なのです。

虫歯のメインテナンス

 

a 口腔内には様々な細菌がいますが、歯の表面に歯垢(プラーク)という塊をつくり、食事をするたびに炭水化物や糖を利用して歯を溶かしてしまいます。

唾液検査によって、虫歯の細菌数が多かった方、唾液の分泌量が少ない方は注意が必要です。また、甘い物が好きな方の歯垢は歯にこびりついて、ハブラシではなかなか落としにくい汚れとなります。

歯垢が、長く歯に付着しているほど虫歯になりやすくなるので、定期的に専門的なクリーニングをしましょう。ハブラシが上手な方でも、生活習慣・食習慣の変化や年齢によって虫歯になりやすくなることがあるので定期的なチェックが必要です。

初期虫歯や中には患者さんの希望により様子をみていく虫歯もあるでしょう。その虫歯が進行していないか確認し、さらに進行しないようにする必要があります。

虫歯ができてしまう条件は、個人によって違いがありますのでリスクに合わせた予防プログラムを行います。

定期検診プログラム(虫歯)

 

 1. ブラッシングの再確認

 2. 虫歯のチェック(必要であればレントゲン)

 3. 生活習慣指導(食事指導)

 4. プロフェッショナル・トゥース・クリーニング

 5. フッ素塗布

 6. 予防充填  etc

ブラッシング

a

 

磨き方のポイント

 

1. 毛先を磨くPointに確実にあてましょう。

最初は、鏡を見ながら毛先がとどいていることを確認するのも良いでしょう。

2. 動かし方は?

小さく横にでも、縦にかき出す様にしても、円を描くようにしても、良いと思います。要は、歯と歯肉を傷つけることなくプラークを落とすことができれば良いのですから。

3. 軽く磨くようにしましょう。

力を入れて磨くと歯ブラシの毛先が開いてしまいプラーク(歯垢)が落とせません。さらには、歯や歯肉を痛めてしまいます。力の目安は、毛束がまっすぐなまま歯面に当たる程度で良いのです。

4. 細かく動かしましょう。

毛先を使って磨く方法がプラークの除去には効果的です。ついつい大きく動かしがちですが、歯には凸凹があるため小刻みに動かさないと、引っ込んだ所には毛先が届きません。特に、裏側や歯と歯の間を磨く時は、大きく動かすとせっかく入った毛先がでてしまいますので注意してください。

5. 1ヶ所につき10回~20回くらい磨きましょう。

プラークは粘着性が高いため、2~3回歯ブラシを動かした程度では落としきれません。

1日に最低一度は、時間(5分以上)をかけてゆっくりと隅々の歯垢を取り除いて下さい。可能であれば、毎食後磨くことが理想です。とくに、寝る前に丁寧にゆっくりと磨くことが効果的です。

 

自己流で磨いていては歯垢(細菌)は落とせません。必ず専門家(歯科医師、歯科衛生士)によるブラッシング指導を受けましょう。