とよしま歯科医院

 

とよしま歯科医院提供 アマルガムの話

 



www
「アマルガム」って、ご存知でしょうか?
これは皆さんの身近にあって、非常に怖い化合物なのです!

皆様のお口の中にある「詰め物」
これこそがもっとも身近なアマルガムな   のです。アマルガムとは、小さな虫歯を治すときに使う、銀色のつめものです。
現在でも少数の歯科医院では使われ続けているようです。ひと昔前は、日本を含め、全世界で大量に使われていました。あなたのお口にも、入っている可能性が高いです。ある程度の年齢の方なら、お口の中にアマルガムが入っていない人の方が珍しいのです。それほど、アマルガムは多くの人の口に入っています。 ある程度の年をとった方の詰め物は、ほとんどがアマルガムであると言っても過言ではありません。アマルガムとは上図のように、水銀の金属化合物です。
敏感な方なら、水銀をお口の中に入れているだけでも、悪影響があるのに、毎日、水銀を詰めた歯でものを噛んでいれば、長い年数がたつうちに、溶け出して体内に入っていくこともあります。これが、健康にいいわけがありません。一刻も早く、取り去る必要があります。アマルガムを入れることで起こる症状は、「金属アレルギー」です。金属アレルギーが起こる原因は他にもありますので、
アマルガムだけが悪いとは言い切れないとは言え、やはり大きな原因の一つでしょう。アメリカでは、アマルガムによって「アレルギー性皮膚炎」や「自閉症」が起こったという裁判も続いています。日本のアマルガム製造メーカーも被告になっています。欧米の半数の国々では、アマルガムは禁止、あるいは、患者にリスク説明の義務があります。あなたも、とよしま歯科で、アマルガムが入っていないかどうか、検査を受けてみませんか?そして、一刻も早く、安全な詰め物に入れ替えましょう。

 

   金属アレルギーについて(クリックして下さい)