とよしま歯科医院

 

院内感染って何?

 

あなたは、レストランで、ふきあげていないテーブルにすわり、洗っていないお皿に盛られた料理を、前のお客さんが食べたままのハシで食べることができますか?
そんなこといやですよねー。
歯科医院において、もっと大事なことがあります。それは院内感染防止がどの程度なされているかということです。確かに、エイズやB型肝炎、C型肝炎など感染性の病気が歯科医院でうつる事は、そんなにあることではありません。ただしそれは、うつらない!ということではなく「確率は低い」ということにすぎません。

院内感染防止策って何?

 

医院内で人から人に病気がうつることが「院内感染」です。
 感染予防には、べらぼうなコストがかかります。しかし、ご存知かわかりませんが、
日本の歯科治療費は諸外国の1/10~1/5と低く、それだけのコストをかけることが無理な歯科医院が多いことも事実です。
これは本来は医療行政の問題なのですが、30年放置されています。
 感染予防対策として、目に見えてかわることはありません。しかし、そうしなければ、ごく少数の方が感染してしまうかもしれない------。
 当院は、「人々のしあわせのために貢献しよう」と考えています。
ですから、「院内感染予防対策」をまじめに行っています。
これは、あなたに対する、------大げさに言えば「愛」です。

手袋の使用

手袋の使用感染予防のために手袋は、患者さんごとに交換したほうがいいに決まっています。しかし、そこまでコストをかけられる歯科医院はほとんどありません。当院では、患者さん一人一人に、新しい手袋を使用しています。

 

高圧蒸気滅菌器

高圧蒸気滅菌器当医院では下記のような高圧蒸気滅菌器があります。
短時間で滅菌処理できますので、さまざまな器具が患者さんごとに滅菌できるのです。

 

切削器具(ハンドピース)の滅菌1

切削器具(ハンドピース)の滅菌1歯科医院で1番使われ、1番汚染されやすいが、1番滅菌されていないのが、切削器具(ハンドピース)です。当院では、非常に多くの本数を用意してありますので、一人に使用した後は、そのつど消毒をしております。

 

切削器具(ハンドピース)の滅菌2 切削器具(ハンドピース)とは、あの『キーン』という音がする歯を削る器具です。
インターネットから切削器具に関する内容を抜粋してみました。

タービンヘッド・コントラヘッド

上記のように、毎回滅菌は、たったの8%の歯科医院でしか実施されていません。
これが現実なのです!まだどこの歯科医院も一緒だとお思いですか?

切削器具(ハンドピース)の滅菌3

切削器具(ハンドピース)の滅菌3歯を削る切削器具は、スイッチを切ると、器具内が陰圧になり内部に、感染性のものを含め汚染物質を吸い込んでしまいます。
そしてそれを消毒布で拭いただけで次の患者さんに使用した場合、内部の汚染物質がピンク色の染色剤のように出てくる恐れがあります。
もしこれが血液だったら・・・感染源になるかもしれませんね。

麻酔器具の滅菌 歯科で使う麻酔器具は、下記のように、注射針、麻酔薬(カートリッジ)、注射筒に分けられます。針と麻酔薬は、当然使い捨てです。これを使いまわしている歯科医は、昔はとにかく今はもういないと思います。
しかし、注射筒を滅菌せずにアルコールで拭いただけで、使いまわしにしている所がほとんどだと思います。
他の人の口の中に入り唾液、血液にふれたものですよ!
当院では多数の注射筒を用意し、使用後は1本1本滅菌しています。

小器具の滅菌

小器具の滅菌歯を削るバー、ドリルや、根の治療に使う器具も多数用意してあり、使用後は超音波洗浄し、消毒しております。

   

 

調整器具の滅菌

調整器具の滅菌下の器具は、咬み合わせの高さや、歯と歯の“きつさ”を調べる器具です。
これもよくアルコールで拭いただけで、使いまわしされることが多いのですが、当院では、1日に必要な本数を準備していますので、すべて患者さんごとに、消毒されています。
口の中に入るものは、消毒されていないと気分も悪いですね。

吸引装置の滅菌

吸引装置の滅菌この器具は水や唾液などを吸い取る装置ですが、これも患者さんごとに交換、消毒しております。

 

PMTC用コントラの滅菌PMTC用のコントラも本数を用意してありますので、使用後は、高圧蒸気滅菌をしております。チップもPMTC用コントラの滅菌使用後は、超音波洗浄後消毒しております。