とよしま歯科医院

 

q

                   Doc’s Bestの歴史

1990年、ティモシー フレーザー歯科医は、患者の一人(新患)の歯から赤いセメント材質を擦り取った。 この患者は、年老いて 口内は歯垢だらけでしたが、虫歯の兆候は皆無でした。 フレーザー先生は、このセメントを分析の為に研究室に送りました。 基本的に、このセメントは、濃高度な銅セメントでした。 初期のコッパーセメントの有毒性問題を研究した後、フレーザー先生は 薬剤師と共に、この有毒ではあるが97%のコッパーの効力と同様の抗菌性があり、無毒且つ微量のコッパーを含んだセメントを開発し始めました。

この専売特許品である抗菌添加剤は、微量の金属と鉱物を調合したものです。第一銅酸化物は、わずか2%です。

微量の金属と微量のミネラル間のさまざまなイオンの相互作用が、突発的スピンを起こし、バイオフィルムの保護粘液層を破壊する。 このブレンドは、ローマ リンダ大学で、無毒と無冶金である事が実証されています。この様な組み合わせは、現在の歯科資材市場では、他に見当たりません。

開発された製品:

Doc’s Best レッド コッパー ルーチン セメント

Doc’s Best  ホワイト コッパー ルーチン セメント

Doc’s Best  ホワイト根管シーラー

Doc’s Best  レッド根管シーラー

開発中の製品:

C.1 ライナー: カリエスを除去せずに、深いカリエスを治療するライナー。 

                    理想的なインダイレクト パルプ キャッピング (間接履髄法)。

C.1 シール: 光重合の5世代目のボンディング エージェント(硬化接着剤)。

                  歯の窪みと裂溝にシーラントとしても使用できます。                             

                  最新の抗菌効果力のテストは、インディアナ大学のマーガリタ フォンタナ博士により行われました。

2002年に、ティモシー フレーザー歯科医はCooley & Cooley社に、彼が1990年以来 処方、実験を重ね、そして治療に使用してきた抗菌性歯材を市販化する協力を依頼しました。この歯材は、彼の患者の虫歯の進化、及び悪影響を防ぐ為に全ての修復治療: コンポジット、ゴールドとPFMクラウン等の治療に使用され臨床実験済みでした。 但し、この材料をコパライト バーニッシュと混合し、歯髄に近い虫歯に2mm位 塗布したところ、二次象牙質は6ヶ月以内に再生し始めました。 フレーザー先生は、コパライト バーニッシュの創案者であるCooley & Cooley社にDoc’s Bestの共同創案者となる事を依頼しました。

FDAの規制及びISO 9001 to ISO 13485の証明、品質管理に厳しく従い運営されているCooley & Cooley 社は、各々の新製品が全て法的な要求事項を満たしている事を確認しつつプロセスを開始しました。

この画期的な抗菌性物質の、S. ミュータンスと乳酸桿菌に対する殺菌効果率は実験、立証済みです。(細菌工学センターにて実施済み。)

インディアナ大学では、この特許品抗菌材をベース/ライナー、消毒バーニッシュ、歯の窪みと裂溝に密封材(シーラント)として種々な組み合わせでの殺菌効果の実験を続けています(2007現在)。

 テキサス大学のヒューストン歯科部門 ヘルス サイエンス センターでは、この歯科セメントと市販されているRely X ルーチン セメント 及びClearfil PB プロティック ボンドの長期に渡る殺菌効力の比較を12ヶ月に渡り研究し続けています。(2007年現在)

本資料は、現歯科材料に添加出来るようにデザインされています。 テンポラリー セメントに添加しても差し支えありません。

ローマ リンダ大学のYiming Li歯科医の指導の下、本物質の毒性や変異原性を調査する、4フェーズ(段階)試験が行われました。 その全て4  フェーズの結果は、フェノール5、毒性ゼロを証明しました。